大腸がんの名医と完治へ


ガン治療に最も効果的な食事法

比較的生存率が高い大腸がん名医から治療してもらうことにより、より一層の生存率の向上や完治を目指しましょう。名医の助けを借りることは、症状を改善させる上で重要な意味を持つことです。直腸がんや結腸がんなどの総称が大腸がんで名医として名前を残している専門医を探すことは、時として命に関わる問題であり、治療後の副作用にも関係してきます。病院選びは、くれぐれも慎重に行ってください。

症状としては血便や便が細くなること、残便感、下痢と便秘の繰り返しなどがあります。大腸がんは初期のうちは自覚症状がない場合が多く、他の臓器に転移したことが先に見つかることもあります。初期症状のうちであれば完治できる事が多いのですが、自分では気付きづらいという難点があります。

検査は免疫学的潜血反応や腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)、注腸造影検査、大腸内視鏡検査、CT検査、MRI検査、超音波検査、PETなどを用います。早い段階で大腸がんの名医を探し始めるためにも、検診によって早期に発見することは大切なことです。自覚がない場合でも、定期的に検診を受けておくことをお勧めします。

いかに初期症状で発見するかが重要であるかは、病期(ステージ)別の5年生存率を見れば如実に伺えます。大腸がんのステージにはデュークス分類とステージ分類があります。デュークス分類で5年生存率を見ると、もっとも初期の段階であるデュークスAが95%、デュークスBが80%、デュークスCが70%、そしてもっとも末期であるデュークスDの5年生存率は10%となっています。

名医から治療を受けることで、回復の見込みを大きくするにしても、大腸がんの名医といえども万能ではありません。ステージが進むごとに治療方法の選択肢は限られていきますし、完治は困難になります。そのため、検診によって初期症状の段階で見つけておくことは大切なことです。

治療には内視鏡的治療や手術、放射線治療、抗がん剤を使う化学療法があります。内視鏡的治療は内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)や内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)に分けられます。大腸がんの手術や内視鏡的治療は、病巣を切除することができるので、完治のために重要な選択肢となります。

化学療法の際に大腸がんの抗がん剤として用いられるものとしては、5-FUとロイコボリン、イリノテカン、オキサリプラチン、UFTなどが代表的です。放射線治療と抗がん剤を用いることや、手術と抗がん剤の組み合わせなど、効果を高めるために複数の治療法を組み合わせることが多くあります。

これらの治療に関しては、大腸がんの名医と緊密にコミュニケーションを取り、疑問や不安を解消できるようにしておきましょう。名医を見つけることは、症状を改善させる上で重要な意味を持ちます。

目次

 

がんの名医と完治を目指すために

がんの名医情報

癌(がん・ガン)の基礎知識

日本のがんの名医がいる病院

末期がんの名医を探すなら

がんは名医の治療が鍵となる

ガン治療に最も効果的な食事法
ガンを克服するためには、実は医師よりもあなた自身ができることの方が多いのです。病院で手術や抗がん剤、放射線治療を受けなくても、食事法や生活習慣の改善で、ガンを克服した人はたくさんいます。

ガン治療によって、抗がん剤剤を飲むと、個人差はありますが、ほとんどの場合、副作用があらわれます。その症状は様々で、症状によってあらわれる時期も変わってきます。

あなたや、あなたの大切な家族が、ガンというプレッシャーに押しつぶされて、精神的に参ってしまっては、せっかく、体の免疫機能は、フル活動したいのに、その働きを無駄にしているかもしれません。まず、正しい知識をもって、あなたと、あなたの大切な家族のペースでガンに対処することが、全ての解決の始まりなのです。

また、間違った知識のせいで、余計に体に負担をかけてしまい、その影響から、ガンが克服できないケースもあります。自分はもちろん、大切な人が、痛み、苦しんでいる姿を見るのは本当に辛いものです。

「もう、どうせわたしのガンは治らないよ・・・」と諦めるのは、もっと辛いことでしょう。そんな気持ちをもっているのは、あなただけではないのです。

詳しい内容を見る