前立腺がんの名医と完治へ


ガン治療に最も効果的な食事法

前立腺がん名医に治療してもらうために、病院選びは慎重に行いましょう。男性特有の病気ですので、罹患率の男女比というものは存在しません。担当としては泌尿器科の病院などが該当します。

初期症状の段階では自覚がないことが多いため、前立腺がんの名医が必要であるとは気付かないことが多いものです。自覚できる症状としては排尿困難、頻尿、残尿管、夜間多尿などがあります。これらは他の原因によっても引き起こされるので、原因を特定するには病院で検査を受けることが必要です。

また、前立腺がんは骨に転移しやすいため、骨の痛みによって検査を受けたところ、発見されることもあります。発見されたら、一刻も早く前立腺がんの名医から治療を受けることが必要です。名医を見つけても、すでに末期に向けて症状が悪化してからでは症状が改善しないこともあります。

検診の内容としては、PSA検査、直腸診、経直腸的前立腺超音波検査、生検、画像診断を用います。前立腺がんのPSA検査とは、PSA(前立腺特異抗原)という腫瘍マーカーを測定するものです。PSA値の測定は、早期発見に資するものですが、発症していれば必ずPSA値が異常値を示すというわけではなく、PSA検査のみでは確定できません。

生検は確定診断に役立つもので、病巣と疑われる箇所の細胞を採取し、それを顕微鏡で観察して癌細胞の有無を見極めます。画像診断にはCT検査やMRI検査、骨シンチグラムがあり、どこまで病巣が広がっているかを診断します。これらの検診によって治療が必要だと分かったら、前立腺がんを名医に治してもらえる病院を探すことに着手した方がよいでしょう。

名医を探すのは、早いにこしたことはありません。前立腺がんは名医を見つけるまでの間にも末期に向けて進行してしまうのですから、時間に猶予はないと考えておきましょう。治療には待機療法や手術療法、放射線治療、内分泌療法(ホルモン療法)、抗がん剤による化学療法が用いられます。名医と話し合って方針を決めることが大切ですが、そのためにも基本的なことは知っておいた方がよいでしょう。

待機療法とは、積極的な治療を行わずにおく場合で、余命に影響がないと判断される場合に、経過観察を行うことにとどめるという方法です。

手術療法では、前立腺、精嚢を摘出して尿道と膀胱をつなぎ合わせる手術を行います。前立腺がんの手術の術式には恥骨後式前立腺全摘除術や会陰式前立腺全摘除術、腹腔鏡を用いる方法などがあります。

放射線治療は大きく分けて外照射法と密封小線源療法(組織内照射法)があります。外照射法は、体外から放射線を照射する方法で、週5日、7週間前後続けることが一般的です。密封小線源療法(組織内照射法)では、ヨード125と呼ばれるアイソトープを前立腺へ埋め込むもので、このヨード125から放射線が放出されます。

内分泌療法(ホルモン療法)は男性ホルモンを遮断することによって、前立腺がんの症状が悪化することを防ぐことを目的とした治療です。手術によって精巣を切除するか、LH-RHアナログと呼ばれる注射を行う、または抗男性ホルモン剤を服用することによって、内分泌療法(ホルモン療法)を実施します。

化学療法では抗がん剤を用いますが、ドセタキセルという抗がん剤が注目を集めています。これらの治療方法は単独で用いられる場合と、組み合わせて使われる場合があります。治療の効果や副作用について前立腺がんの名医とよく話し合っておきましょう。どの方法を選ぶかによって、今後の人生に大きな影響が及ぶのですから、名医の説明をそのまま鵜呑みにするだけではなく、意見や希望があるなら伝えるようにしてください。

癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
そのため、生存率は前立腺がん治療のレベルを計る指針としては、不十分であるということになります。結局のところ、たった一つのデータで専門医や病院のレベルを知ることはできないというのが、実際のところでしょう。複合的な評価基準で名医を判定するしかありません。

がんは名医の治療が鍵となる
初期の段階で症状を発見し、前立腺がんの名医を探すためにも活用したいのがPSA検査です。PSA検査は血液のみで行えるため、集団検診でも用いられるものです。血液中のPSAの割合が急激に高まっていることで、症状を感知するものです。

前立腺がんの放射線治療の危険と効果
手術や抗がん剤による治療、ホルモン療法とならび、放射線治療は前立腺がんの処置として重要なものです。その長所と短所をよく理解した上で、上手に活用していきましょう。手術後の再発に用いる場合や、他のものと組み合わせることもありますので、名医とよく相談して納得しておく必要があります。

前立腺がんの骨転移
骨転移があるかどうか、どの部分に広がっているかといった検査としては、骨シンチグラム、単純X線写真、CT検査、MRI検査などを行います。病巣が広がらないうちに処置を行うことが理想ではありますが、現実は理想と一致しないことはよくあることです。それを踏まえた上で、何ができるかを模索していくことが大切です。

前立腺がん名医のいる病院
全国には数多くの病院がありますが、前立腺がんの名医と呼ばれる専門医がいる病院となると、ごく一握りです。いくら医学が発達しているといっても、所詮は人間が行うものである以上、誰に担当してもらうかによって、結果にも大きな差が出ることに変わりはありません。

目次

 

がんの名医と完治を目指すために

がんの名医情報

癌(がん・ガン)の基礎知識

日本のがんの名医がいる病院

末期がんの名医を探すなら

がんは名医の治療が鍵となる

ガン治療に最も効果的な食事法
ガンを克服するためには、実は医師よりもあなた自身ができることの方が多いのです。病院で手術や抗がん剤、放射線治療を受けなくても、食事法や生活習慣の改善で、ガンを克服した人はたくさんいます。

ガン治療によって、抗がん剤剤を飲むと、個人差はありますが、ほとんどの場合、副作用があらわれます。その症状は様々で、症状によってあらわれる時期も変わってきます。

あなたや、あなたの大切な家族が、ガンというプレッシャーに押しつぶされて、精神的に参ってしまっては、せっかく、体の免疫機能は、フル活動したいのに、その働きを無駄にしているかもしれません。まず、正しい知識をもって、あなたと、あなたの大切な家族のペースでガンに対処することが、全ての解決の始まりなのです。

また、間違った知識のせいで、余計に体に負担をかけてしまい、その影響から、ガンが克服できないケースもあります。自分はもちろん、大切な人が、痛み、苦しんでいる姿を見るのは本当に辛いものです。

「もう、どうせわたしのガンは治らないよ・・・」と諦めるのは、もっと辛いことでしょう。そんな気持ちをもっているのは、あなただけではないのです。

詳しい内容を見る