すい臓がんの名医と完治へ


ガン治療に最も効果的な食事法

すい臓がん名医であっても治療が難しい病気です。これは初期症状のうちに見つけることが難しい上に末期に向けて悪化するスピードが速く、早期の段階で浸潤や転移しやすいという特徴が、名医にとっても完治を困難にさせています。

胃がんや大腸がん粗、年間の死亡者数が罹患数の半分ほどですが、すい臓がんは死亡者数と罹患数がほとんど変わりません。ここからも、生存率がいかに低いかが伺えるでしょう。まさに難治がんと呼べるものなのです。

早期発見のためのすい臓がんの検査としては、超音波検査やCT検査、MRI検査といった画像診断が中心となり、これらで異常が見られるようなら超音波内視鏡や腔内超音波検査、組織生検などを行います。

特徴的な症状としては、背部痛や黄疸、腹水などがありますが、これらが自覚できる時にはすい臓がんが末期に至っていることも少なくありません。初期症状のうちには、ほとんどの場合は無自覚です。他には、吐き気や嘔吐、食欲減少、消化不良、体重減少、倦怠感などが表れることがあります。

手術を行うことは、一般的に癌治療の中でも有効な方法とされていますが、すい臓がんは手術が適用できないところまで悪化してから発見されることが多く、手術を行えても再発のリスクが高いという特徴があります。少しでも精度を高めるために名医の力を借りることは有効ですが、それでも危険は大きなものであることは覚悟しなくてはなりません。

再発の危険を小さくするために、術後に補助療法として放射線治療や抗がん剤による化学療法が行われることもあります。また、手術が使えない場合にも、これらの方法を活用することとなります。すい臓がんの抗がん剤としては、ジェムザールが使われることが多くあります。

これらの方法を、体質や年齢、症状の悪化の度合いなどを考慮しながら、すい臓がんの名医と共に治療していきましょう。簡単に治せる病気ではありませんが、最期まで希望をなくさないでください。

癌(がん・ガン)の基礎知識
まわりが過剰に反応してしまうことが逆効果ということもあります。すい臓がんになりましたという報告は、職場等では業務への影響を考えての言葉であって、同情を引きたいわけではないこともあります。様子をうかがいながら、柔軟に対応してください。

癌の名医がいる病院。命を救う癌専門医の治療や手術
たとえすい臓がんの症状があっても、名医の力を借りて克服できる可能性は十分にあります。実際、多くの患者さんが症状を克服してきているのです。告知を受けても、人生が終焉に向かって転落し始めたわけではありません。体の治癒に目を向けなくてはならないというだけのことです。

がんの名医と完治を目指すために
検診の方法としては、血液検査、画像検査、内視鏡検査、組織検査があります。血液検査では腫瘍マーカーなどを調べます。すい臓がんの腫瘍マーカーとしてはCEA、CA19-9、DUPAN-2などが用いられており、これらの値が異常値を示していないかを調べます。また、画像検査では腹部エコーやCT検査、MRI、PETなどを用います。内視鏡検査では、内視鏡的逆行性胆管膵管造影法(ERCP)や超音波内視鏡を使います。組織検査は針生検や内視鏡を使って膵管から組織を採取するものがあり、癌細胞の有無を顕微鏡で観察します。

末期がんの名医を探すなら
危険因子としては喫煙や排気ガス、肉食などがありますが、明確になっているわけではありません。日本では急速に増加しており、罹患率は人口10万人あたり10人となっています。50歳以上になると、発症の割合が増えます。すい臓がんの名医から早い段階で治療を受けるためにも、定期的な検診などの対策が必要です。

日本のがんの名医がいる病院
一つしかない命ですので、治療を任せる主治医としては、すい臓がんの名医と呼ばれる専門医にしたいと考えるのが自然な感情でしょう。経験不足な専門医のいい加減な治療によって寿命を縮めてしまうようなことになったのでは、とても納得できるものではありません。

すい臓がん完治に向けて知るべきこと
膵体尾部切除は膵体部や膵尾部に癌がある場合に行われる手術で、膵頭部側を残して膵臓と脾臓の切除を行います。膵臓全摘出は上記の膵頭十二指腸切除と膵体尾部切除を行います。膵液やインスリンを作り出すことはできなくなるため、薬によってその機能を補う必要があります。

目次

 

がんの名医と完治を目指すために

がんの名医情報

癌(がん・ガン)の基礎知識

日本のがんの名医がいる病院

末期がんの名医を探すなら

がんは名医の治療が鍵となる

ガン治療に最も効果的な食事法
ガンを克服するためには、実は医師よりもあなた自身ができることの方が多いのです。病院で手術や抗がん剤、放射線治療を受けなくても、食事法や生活習慣の改善で、ガンを克服した人はたくさんいます。

ガン治療によって、抗がん剤剤を飲むと、個人差はありますが、ほとんどの場合、副作用があらわれます。その症状は様々で、症状によってあらわれる時期も変わってきます。

あなたや、あなたの大切な家族が、ガンというプレッシャーに押しつぶされて、精神的に参ってしまっては、せっかく、体の免疫機能は、フル活動したいのに、その働きを無駄にしているかもしれません。まず、正しい知識をもって、あなたと、あなたの大切な家族のペースでガンに対処することが、全ての解決の始まりなのです。

また、間違った知識のせいで、余計に体に負担をかけてしまい、その影響から、ガンが克服できないケースもあります。自分はもちろん、大切な人が、痛み、苦しんでいる姿を見るのは本当に辛いものです。

「もう、どうせわたしのガンは治らないよ・・・」と諦めるのは、もっと辛いことでしょう。そんな気持ちをもっているのは、あなただけではないのです。

詳しい内容を見る