喉頭がんの名医と完治へ


ガン治療に最も効果的な食事法

信頼できる喉頭がんの名医を主治医にしましょう。名医を見つけることは、大きなプラスになるはずです。

まず、喉頭がんにかかりやすいのは男性で、罹患率・死亡率ともに女性の10倍以上です。とくに50歳代から80歳代までは急激に増加する傾向があるので、当てはまる方は注意してください。危険因子としては、喫煙や飲酒、アスベストなどが挙げられます。発生部位としては、声門に発生する場合が60~65%で、声門上は30~35%、声門下は1~2%ほどです。

症状としては、声門がんの場合には声がかれることや、呼吸困難、血痰があります。声門上がんの場合には、食べ物を飲み込む際に痛みや異物感を感じることや声がかれることなどがあります。声門上がんは声門がんよりもリンパ節転移が多く見られる傾向があります。

喉頭がんの検査の方法には、耳鼻咽喉科で行う視診(口腔内に喉頭鏡を入れる)と、組織診断(病変の一部を採取し、顕微鏡で診断する)があります。また、ほかにレントゲン撮影やCT検査、MRI検査、喉頭ストロボスコピー(声帯の振動の仕方によって診断する方法)を行うことがあります。

検査で早期発見をすることは、喉頭がんの名医を探し始めるきっかけにもなります。いち早く治療に乗り出すためにも、検査は重要な要素なのです。

病期(ステージ)はⅠ期からⅣ期に分けられています。ステージがⅠ期・Ⅱ期の場合は早期がん、ステージがⅢ・Ⅳ期に至ると進行がんです。

治療法としては、外科療法、放射線治療、化学療法があります。外科療法とは喉頭がん手術のことで、がんの原発部位と周辺に範囲を限定する喉頭部分切除術と、喉頭をすべて切除する喉頭全摘出術に分かれます。一般的には、喉頭部分切除術は早期がんに用いられ、喉頭全摘出術は進行がんに使われることが多いと言えます。

放射線治療とは、喉頭がんに対して、体の外から放射線を照射するものです。化学療法は抗がん剤を用いる方法で、従来は手術や放射線治療が柱となっていたのですが、近年では化学療法を使う場面も増えています。どのような方法を用いるかについては、喉頭がんの名医と、よく相談することが必要です。

また、手術を行うことによって、声を失うことになることもあります。完全にもとの声を失う場合から、喉頭部分切除によって声の感じが変わって聞こえることもあります。食道発声や電気喉頭の使用で新しく声を得ることもできますので、今後の生活をよく考え、喉頭がんの名医と話し合ってください。仕事への影響などもありますので、予想される術後の経過についても確認を怠らないようにしておきましょう。

命が助かることは当然のこととして大切ですが、声がどうなるのか、回復にかかる期間はどのていどかといった事項も、現実には無視できないことです。喉頭がんを名医から治療してもらう際には、そうした点も情報を共有するようにしましょう。

喉頭がん手術の長所と短所
医学書を読んだり、症例を研究したりしても、実地となると話が変わってくるのは喉頭がん手術でも変わりません。後に続く患者さんのために自分が実験台になろうという殊勝な心意気がある特別な方を除いて、過去に成功体験を繰り返してきた医師を選ぶのが無難な選択です。油断や慢心が散見されるということなら話は別ですが、基本的にはこれまでに何度も手術を成功させてきたのであれば、今後もその傾向が続く見込みは高くなります。

喉頭がん名医を主治医に
医師なら誰でもいいという投げやりな態度では、いずれ後悔することになりかねません。もっと早くに主治医を喉頭がん名医に頼んでおけばと悔やんだところで、すでに病状が進行して手遅れになってしまうことだってあります。先手を打つということは、闘病生活において欠かすことのできない重大な問題です。

喉頭ガン闘病記で名医や権威を見つける
そんな状況を抜け出すためにも、名医や権威を喉頭ガン闘病記から得られた情報で探すことができれば、心強いことこのうえありません。たった一人の孤独な戦いよりも、優秀な専門家や、同じ境遇で生き抜いている仲間の存在があったほうが、勇気が出てきます。人間は孤独には耐えられないものです。強気なときには平気でも、病気にかかり、健康を失っているような時にはなおさらです。

喉頭がんの痛みを和らげる
電話であればわざわざ足を運ぶ必要もありませんから、気軽にできるでしょう。必ずしも相談にのってくれるとは限りませんが、喉頭がんの痛みについてどのような治療法を持っているのかを知ることができれば幸運です。後は実際に訪れてみる価値があるかどうかを判断することです。何もしなくても病気は進行してしまいますから、判断は一日も早いに越したことはありません。

喉頭がんが末期に至るという悲劇
当たり前のことですから、この孤独は耐えがたいものです。一個人の出来事に社会全体が付き合っていられないのは分かりますが、それにしても整然と毎日が経過していくことに、自分の喉頭がんなど末期症状でも初期のままでも、大した問題ではないのではないかと思ってしまいます。

目次

 

がんの名医と完治を目指すために

がんの名医情報

癌(がん・ガン)の基礎知識

日本のがんの名医がいる病院

末期がんの名医を探すなら

がんは名医の治療が鍵となる

ガン治療に最も効果的な食事法
ガンを克服するためには、実は医師よりもあなた自身ができることの方が多いのです。病院で手術や抗がん剤、放射線治療を受けなくても、食事法や生活習慣の改善で、ガンを克服した人はたくさんいます。

ガン治療によって、抗がん剤剤を飲むと、個人差はありますが、ほとんどの場合、副作用があらわれます。その症状は様々で、症状によってあらわれる時期も変わってきます。

あなたや、あなたの大切な家族が、ガンというプレッシャーに押しつぶされて、精神的に参ってしまっては、せっかく、体の免疫機能は、フル活動したいのに、その働きを無駄にしているかもしれません。まず、正しい知識をもって、あなたと、あなたの大切な家族のペースでガンに対処することが、全ての解決の始まりなのです。

また、間違った知識のせいで、余計に体に負担をかけてしまい、その影響から、ガンが克服できないケースもあります。自分はもちろん、大切な人が、痛み、苦しんでいる姿を見るのは本当に辛いものです。

「もう、どうせわたしのガンは治らないよ・・・」と諦めるのは、もっと辛いことでしょう。そんな気持ちをもっているのは、あなただけではないのです。

詳しい内容を見る