肝臓がんの名医と完治へ


ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓がん名医がいる病院についての情報を集めることと同時に、この病気の基本的な知識も知っておきましょう。名医を見つけてから、治療方針についての話し合いや病状の説明を受ける際に役立つはずです。

肝臓がんは原発性肝臓がんと転移性肝臓がんに分けられます。原発性肝臓がんとは、初めから肝臓に悪性腫瘍が発生するもので、肝細胞に発生する肝細胞がんと、胆管の細胞に生まれる胆管細胞がんがほとんどの割合を占め、それ以外には肝細胞・胆管細胞混合がん、未分化がん、胆管のう胞腺がんがあります。。成人の場合には、肝細胞がんが原発性肝臓がんのおよそ90%となっています。

転移性肝臓がんは、他の臓器から転移を受けたものです。特に多いのは肺がんからで、以下は胃がん、すい臓がん、大腸がん、胆のうがん、乳がん、食道がん、子宮がん、腎臓がんと続きます。肝臓は大量の血液を送り込み、注入される臓器のため、転移を受けやすく、他の臓器に転移させやすい臓器と言えます。

原因については全貌が解明されているわけではありませんが、肝炎ウィルスの関与が大きいとされており、発症した人の20%がB型肝炎ウィルスに、70%の人がC型肝炎ウィルスに感染しています。発症している方は肝硬変を伴っていることが多く、80%の方は肝硬変も併発しています。

肝臓がんの検査方法としては、血液検査・画像診断・組織検査に大別されます。血液検査は腫瘍マーカーを調べるものです。腫瘍マーカーとは、癌によって作られるたんぱく質で、この数値を計測します。腫瘍マーカーとしては、AFP(アルファ・フェトプロテイン)やPIVKA-Ⅱ(異常プロトロンビン)が用いられます。

画像診断には超音波検査やCT検査があり、超音波検査は体外から超音波を照射し、反射波を利用して臓器や血管の状態を調べるものです。CT検査はX線を利用するもので、超音波では難しい肝臓の裏側も調べることができます。超音波検査やCT検査で疑いがある場合には、MRI(磁気共鳴影像法)や肝動脈血管造影検査の対象となります。

組織検査としては、針生検を使って組織を採取する方法があります。その後、採取した組織を顕微鏡で観察して結果を出します。

これらの検査を定期的に受診しておくことが、早期発見の鍵となります。いくら名医を見つけても、末期症状になってからでは生存率が低くなってしまいます。増加傾向にある病気だけに、注意しておきましょう。

治療としては、完治のために最も大きな貢献をする方法として、外科的肝切除があります。外科的肝切除は体力の回復にも時間がかかりますし、入院期間も1ヶ月程度かかります。また、他の臓器への転移がないことや、肝硬変が悪化していないといった条件を満たした場合にのみ、使えるのが外科的肝切除です。

つづいて、経皮的エタノール注入法(PEIT)という方法があります。これはエタノールを癌組織に繰り返し注入し、たんぱく質凝固作用で癌細胞を死滅させるものです。経皮的エタノール注入法(PEIT)は初期症状の場合には特に効果が高く、再発しても繰り返し使える方法という利点があります。

肝動脈閉塞術(TAE)では、肝動脈をふさいで癌細胞を死滅させます。ただし、肝動脈をふさいでも、門脈からも酸素や栄養を受け取ることができ、肝動脈閉塞術(TAE)だけで完治できる確率は1割程です。

マイクロ治療法は針先からマイクロ波を照射して癌細胞のたんぱく質を凝固させるもので、肝細胞がんが初期のうちに有効と考えられています。ほかにも、放射線治療や化学療法が併用されることもあります。

治療方針の決定は重要事項なので、肝臓がんの名医と十分な話し合いを行いましょう。相手が名医であっても、疑問や意見は躊躇せずに主張してください。命に関わる問題なのですから、病院がわの言いなりになるのではなく、対等な関係で名医に相談することが大切です。

肝臓がんの名医がいる病院の検索
門医の力量によって、余命に影響があることは当然です。同じ末期症状でも、肝臓がん名医が主治医である場合と、ヤブ医者が主治医の場合とでは環境がまったく異なると考えるべきでしょう。病院選びが大切なのは、患者さんにとって、直接的に命に関わる問題であるからです。

肝臓がんの名医を探しているなら
肝細胞がんや肝臓がんにおいて名医と称される医師を見つけることは、治療において大きな助けになります。しかし、それですべてが済むわけではありません。止められているにも関わらず、アルコールを飲んでしまうということでは症状の改善など望めません。

肝臓がん名医のいる病院の探し方
「肝臓がんと戦うために」では、名医を探す方法も含め、闘病生活に必要な知識が網羅されています。まずは一読してみると、今後に役立つ情報を見つけることができるでしょう。病院選びの方法が分からないと、ヤブ医者と出会うことにもなりかねません。だからこそ、慎重に行わなくてはならないのです。

肝臓がん名医のいる病院
他にも、雑誌に掲載されている肝臓がん名医ランキングなどを参考にするという方法もあります。参考のため、そうした特集記事があるかどうか、コンビニと書店に行ってきました。まず、コンビニですが、そもそも健康に関する特集が組まれていそうな雑誌が少なく、目当ての情報は見当たりませんでした。

肝臓がん名医ランキング
生死を分ける重要な問題でありながら、驚くほどに不足している情報量に気付いて、しばし呆然としました。週末のレジャーやグルメのような、命に関わらない瑣末な出来事ばかりがクローズアップされ、肝臓がんの手術をいかに安全に受けるか、症状を改善していくかという問題は軽視されているのです。

闘病記―肝臓がんで腹水が・・・
気になる方は肝臓がんの闘病記を読んで腹水についての体験談を調べてみてもよいでしょう。普段なら腹水を気にすることはないと思いますので、なおさら医師との相談が必要なのです。病気がすでに発覚している以上、ささいな体調の変化だって見逃すことはできません。医師でもなかなか気付かない兆候もありますので、ちょっとしたことでも気付いたら、念のため主治医には報告しておいた方がよいでしょう。

肝臓がんの転移予防策
胃や肺など、他の臓器に肝臓がんが転移するのを防ぐための方策について、基本的なポイントだけでも患者が知っておくことは闘病生活において無駄ではないでしょう。名医を探したり、場合によっては手術を受ける決意を固めたりと、考えなくてはならない事柄はたくさんありますが、まずは基礎を押さえなくては始まりません。根本の部分がしっかりしたものであれば、そこから派生して生じた出来事も大筋においては間違っていないものです。

目次

 

がんの名医と完治を目指すために

がんの名医情報

癌(がん・ガン)の基礎知識

日本のがんの名医がいる病院

末期がんの名医を探すなら

がんは名医の治療が鍵となる

ガン治療に最も効果的な食事法
ガンを克服するためには、実は医師よりもあなた自身ができることの方が多いのです。病院で手術や抗がん剤、放射線治療を受けなくても、食事法や生活習慣の改善で、ガンを克服した人はたくさんいます。

ガン治療によって、抗がん剤剤を飲むと、個人差はありますが、ほとんどの場合、副作用があらわれます。その症状は様々で、症状によってあらわれる時期も変わってきます。

あなたや、あなたの大切な家族が、ガンというプレッシャーに押しつぶされて、精神的に参ってしまっては、せっかく、体の免疫機能は、フル活動したいのに、その働きを無駄にしているかもしれません。まず、正しい知識をもって、あなたと、あなたの大切な家族のペースでガンに対処することが、全ての解決の始まりなのです。

また、間違った知識のせいで、余計に体に負担をかけてしまい、その影響から、ガンが克服できないケースもあります。自分はもちろん、大切な人が、痛み、苦しんでいる姿を見るのは本当に辛いものです。

「もう、どうせわたしのガンは治らないよ・・・」と諦めるのは、もっと辛いことでしょう。そんな気持ちをもっているのは、あなただけではないのです。

詳しい内容を見る