胃がんの名医と完治へ


ガン治療に最も効果的な食事法

胃がん名医から治療を受けることで、生存率を高めましょう。癌全体の人口が増える中、罹患率も死亡率も下がってはいるものの、予断を許さない病気であることに変わりはありません。

発症しやすい年齢としては、50代後半から60代です。男性に多く、欧米に比べると日本人に多い傾向があります。早期胃がんは無自覚のことが多いのですが、進行胃がんになると、食欲不振や吐血、血便などの症状があらわれることが多くなります。癌細胞が渓液などに入ることで、肺や肝臓など、他の臓器にも転移するようになります。

胃がんの検診方法としては、胃内視鏡検査、X線透視、腹部CT、超音波検査、注腸透視、MRI、血管撮影、腫瘍マーカーなどがあります。胃内視鏡検査とは、胃カメラと呼ばれているものです。最近は内視鏡の機器の進歩や鎮静剤の使用により、かつてのように辛いものではなくなってきています。

X線透視はバリウムを飲んでから行うレントゲン検査です。内視鏡ほど細かいことは分からないものの、全体を1度に見ることができるという利点があります。通常は、内視鏡検査とX線透視は組み合わせて行われます。

腹部CTや超音波検査は転移があるかどうかを調べるものです。注腸透視とは、腹膜転移の診断に用いるものです。腫瘍マーカーを調べるのは、血中の腫瘍マーカーを調べることで、癌の進行や再発の判定をするためです。

胃がんには病気(ステージ)があります。胃壁のどこまで浸潤しているかを意味する深達度、リンパ節転移程度、他の臓器への転移の有無などにより、4つの病気(ステージ)に分けられています。ステージ1は早期、ステージ2は軽い進行がん、ステージ3はかなり進んだ進行がん、ステージ4は末期です。

完治に向けての治療において、もっとも重要なのは手術です。手術によって直接悪性腫瘍を取り除くことがもっとも効果的ですので、名医から胃がんの手術を受けることは意義深いことです。

手術には内視鏡的粘膜切除、腹腔鏡下胃切除術、開腹手術があります。内視鏡的粘膜切除なら、腹部を切ることはありませんし、腹腔鏡下胃切除術でも2センチほどの小さな孔を数箇所あけて、そこから腹腔鏡を入れることになります。ただし、転移の状態によっては開腹が必要な場合もありますので、どの手術方法を取るかは、胃がんの名医とよく相談して決めてください。

他には抗がん剤を用いた化学療法と放射線治療がありますが、胃がんの場合、化学療法を用いることが多く、放射線治療が使われることは限定的です。

胃がん名医のいる病院へ~命の闘病記
簡単な治療を成功させただけでは、胃がんの名医とは呼べないでしょう。専門医としては成功させて当然のレベルの治療でしかなく、むしろその医師の技術は平均以下であることだって考えられるのです。したがって、闘病記の記載の裏付けとなるデータがない限り、鵜呑みにして信用することはできません。

胃がんの名医との接し方
そのために不可欠なのは胃がん名医との信頼関係です。この医師と二人三脚で闘病生活を送れば生き延びることができるはずだと確信できれば、病気を告知されても真剣に生きることから逃げ出すことはありません。対照的に、もうだめだと思ってしまったら、その人の人生はそこで止まってしまいます。

スキルス胃がん生存率を名医の治療で高める
標準的なスキルス胃がん生存率よりも高い実績が出ているということなら、どのような理由が考えられるかを列挙してもらうといいでしょう。医療関係者の中でも名高い名医の治療や手術を受けられるためかもしれませんし、設備等の関係で症状が重い患者は他の病院に回しているのかもしれません。

胃がんの名医はこうして見つける
胃X線検査は、胃の中の粘膜を観察するもので、検査の感度は70%から80%とされています。胃内視鏡検査は内視鏡で胃の中を直接観察します。精密検査として用いられることが多いことが特徴です。ペプシノゲン検査は血液検査によって、胃の粘膜の老化具合を見ます。ヘリコバクターピロリ抗体検査とは、血液検査によってヘリコバクターピロリ菌の感染を調べます。

がんの名医を検索する方法
検索エンジンを使って名医について検索をするには、いくつかの検索方法があります。 ... また、「胃がん 名医 食事療法」といったように、気になるキーワードを加えることによって、そのキーワードに関連する情報についても同時に検索することができます。 ...

生存率と胃がんの名医
胃がん名医に当たる希望は、そこには見つかりませんでした。ただ、どこまで走っても逃げ場のない絶望がそこにあったものの、今になって思うと、いくら走っても息は切れながらも足は動きつづけていました。現実生活の中では、とてもそんな体力はありません。

目次

 

がんの名医と完治を目指すために

がんの名医情報

癌(がん・ガン)の基礎知識

日本のがんの名医がいる病院

末期がんの名医を探すなら

がんは名医の治療が鍵となる

ガン治療に最も効果的な食事法
ガンを克服するためには、実は医師よりもあなた自身ができることの方が多いのです。病院で手術や抗がん剤、放射線治療を受けなくても、食事法や生活習慣の改善で、ガンを克服した人はたくさんいます。

ガン治療によって、抗がん剤剤を飲むと、個人差はありますが、ほとんどの場合、副作用があらわれます。その症状は様々で、症状によってあらわれる時期も変わってきます。

あなたや、あなたの大切な家族が、ガンというプレッシャーに押しつぶされて、精神的に参ってしまっては、せっかく、体の免疫機能は、フル活動したいのに、その働きを無駄にしているかもしれません。まず、正しい知識をもって、あなたと、あなたの大切な家族のペースでガンに対処することが、全ての解決の始まりなのです。

また、間違った知識のせいで、余計に体に負担をかけてしまい、その影響から、ガンが克服できないケースもあります。自分はもちろん、大切な人が、痛み、苦しんでいる姿を見るのは本当に辛いものです。

「もう、どうせわたしのガンは治らないよ・・・」と諦めるのは、もっと辛いことでしょう。そんな気持ちをもっているのは、あなただけではないのです。

詳しい内容を見る